企業情報

品質保証

松浪硝子工業は、ファインガラスの総合メーカーとして、医療・理化学分野においては、顕微鏡用カバーグラス、スライドグラス、光・電子材分野においては、精密加工技術を活かしガラス溶融から製品に至るまでの一貫生産を行うなど、事業フィールドを拡大してまいりました。

「お客様の課題を解決するサービス業である」を経営指標に掲げ、お客様の御要求品質の把握から、企画、設計開発、製造、出荷まで、全社一丸となった品質保証体制で取り組んでいます。

それぞれの部門の責務・職務権限を明確にしたうえで業務遂行するとともに、部門間の連携も、各種委員会、会議、プロジェクト活動などを通して、コミュニケーションをはかり、製品実現に向けた取り組みを迅速に実践しています。

  • 各部門に改善を促し、会社全体の改善につなげて、会社を良くすることを目的として、内部監査も行っています。又、経営者による工程巡回活動、各種工程パトロールなど、工程監視も行っています。

  • それら活動の根底となる要素は"人"であり、人材育成・教育訓練は、階層別に行い、品質管理検定などの資格認定制度を活用し教育訓練を行い、個々のスキルとモチベーション向上に努めています。個の力、いわゆる現場力を高めて結集することにより、自立型推進職場として機能し、大きな力となるように努めています。

  • 1984年から全社で実施している"QCサークル活動"と"改善提案活動"でも成果を上げており、毎年11月に開催するQCサークル発表大会は、毎年、活況を呈しています。

製品の品質管理は徹底して実施しています。工程標準作業の順守と、最新の計測機器、自社開発した検査・試験器の導入、定期的な校正・点検により、お客様から要求された品質特性の検査・試験を行い、検証したうえで出荷しています。

ご愛顧いただいている松浪ブランド製品を、これからも継続して安定供給できるよう、"品"と"質"に拘り、強力な品質保証体制を推進してまいります。

ISOトリプルでの認証登録

品質マネジメントシステムであるISO9001を1999年1月に、環境マネジメントシステムであるISO14001を2003年5月に、更に、医療機器品質マネジメントシステムであるISO13485を2013年7月に認証取得しました。

ISO9001では、お客様の信頼をより確かなものにするために、品質マネジメントシステムを構築し、社風に更なる士気をもたらし、組織の活性化へとつなげています。
ISO14001では国際的な環境マネジメントシステムを導入し、人と地球にやさしい企業としてそのマインドを大切にしています。
ISO13485では医療機器に適合するガラス製品を開発提供することを目指します。近年、医療機器は高度化し、ガラス製品の果たす役割も、ますます重くなってきています。ISO13485は、免疫染色に最適化したスライドグラスとしての認証を取得し免疫染色用として信頼される製品を提供してまいります。

以上の3規格に加え、4規格目として、IATF16949(自動車産業品質マネジメントシステム)の認証に向け、マネジメントシステムの構築を開始しました。本規格の到達目標である"不適合の予防"、"バラツキ及び無駄の削減"に向けた継続的改善を行ってまいります。そして、自動車産業界のサプライチェ-ンの一翼として、安全で安心いただける製品を、安定供給できるよう更にレベルアップしてまいります。

松浪硝子工業は、これらISOマネジメントシステムを活用し、強固な品質保証体制を維持・改善を行い、日々進歩する医療・理化学分野・オプトエレクトロニクス分野と共に歩んでいきたいと願っております。

このページのトップに戻る