企業情報

製造工場

次世代戦略を踏まえた先進の工場設備

私たちは、次世代戦略を踏まえた事業発展に向け、先進技術を活用し、自動化・ロボット化を進めています。2006年から、トヨタ生産方式を導入し、「一歩、一秒、一円」を大切にし、日々改善、日々進化し、高品質、低価格、短納期を推進することにより、お客様にご満足いただける魅力ある製品のご提供に努めてまいりました。

工場内では、安全第一をモットーに、工場全体のクリーン運動として、5Sパトロールやヒヤリハット運動を推進しています。
また、社員一人ひとりが気持ちよく、楽しく働ける職場づくりを目指し、全員参加で、知恵を出し合い、改善提案、QC活動を活発に行い、企業全体の志気を高めています。

モノづくりにつきましては、意識改革を図るため、TPSトヨタ生産方式を導入いたしました。

モノづくりの改革は、5Sの徹底、視える化、リードタイムの短縮、全員を巻き込むリーダーの現場統率力であり、経営と現場の一体感の醸成を図り、意識改革と強い現場づくりを実現させています。「改善は無限である。」をモットーに日々改善に取り組んでいます。

製造技術は、11の要素技術により技術革新に挑戦しています。
ガラス組成設計技術、切断技術、芯取り加工技術、研磨技術、印刷技術、洗浄技術、表面処理技術、熱加工技術、薄膜技術、微細加工技術、そして様々な加工技術であります。

様々な製造装置

  • 真空蒸着装置
  • 3軸芯取り装置
  • ウォータージェット装置
  • 異形切断装置
  • 強化炉
  • 研磨装置
  • イエロールーム
  • 洗浄ライン
このページのトップに戻る