企業情報

ごあいさつ

松浪硝子工業は、1844年(江戸弘化元年)の創業以来170余りに及ぶ歴史を刻み続けています。当時、和泉の国(今の泉佐野市)にて松浪藤右衛門が薄玻璃を素材にして合わせ鏡を作ったのが起源で、その技術をもとに特殊薄板ガラスの製造技術へと発展させてまいりました。

今、私たちはファインガラスの総合メーカーとして、見込み形態の医療部門事業と受注形態の電子部門事業を両翼に、更なる“雄飛"を勝ちとれるよう、多様なチャレンジを自らに課しております。

その根幹は、企業改革のモットー"SLIM"であり、世界水準での独自性とスピード化に溢れる、いわば"小さな世界企業"であることをめざした、徹底的な企業体質強化と事業拡大にあると考えております。

そのため、「自社の最も得意とする分野で勝負していく個性のある企業であること」を戦略コンセプトに、次代先取り型の"経営理念"を極め、外部から確かな存在価値を認めていただけるよう、また、皆様のニーズをより敏感にキャッチし、「お客様の課題解決をするサービス業である」ことに徹してまいります。

具体的には、新鋭の設備を整えた工場で、ISO9001、ISO13485の認証取得による品質システムを、またISO14001の認証取得による環境システムを構築し、これらがフルに活動することにより、お客様の信頼をいただける品質保証、環境と調和の取れた企業活動を行い、社風にさらなる士気をもたらし、組織の活性化を図る大切なステップ・アクセルとしています。

このように私たちは、伝統に育まれたノウハウをより一層深めつつ、斬新な改革を技術燦々・製販一体となって推進し、新時代に挑むオンリーワン企業となることを願っております。

代表取締役社長 松浪 明

経営理念

  • 松浪硝子工業は、輝かしい伝統と最新の技術によって、ファイン硝子の総合メーカーを志向する。
  • 市場の開発、技術の開発によって、新しい価値を創り出し、広く社会に貢献すると共に、会社の発展と社員の幸福を増進する。

1996年12月21日制定

企業改革のモットー

企業改革のモットーは「S・L・I・M」です。

  • Speed: 環境の変化に素早く対応
  • Lowcost: 飛躍的コストダウン
  • Innovation: 発想の転換による技術革新
  • Mind: 現場をわき立たす動機づけ

品質方針

消費者志向に徹し、常にお客様の信頼と満足を得る品質を提供する。

環境方針

地球環境保全の重要性を認識すると共に、環境が経営の最重要課題ととらえ、企業活動と環境との調和を図るため、環境負荷を低減する環境に優しい事業活動を進めることにより、豊かな社会と環境の実現を目指す。

このページのトップに戻る